TOP > ロレックスの歴史について


スイスの高級腕時計メーカーであるロレックス。その始まりは1905年から始まります。

名古屋のタグホイヤー情報について考えます。

当時は現在とは異なり、会社を設立した場所はイギリスのロンドンでした。


おまけに社名も現在とは違い、「ウィルスドルフ&デイビス」という社名でした。
けれど、当時の時計の関税が高かったことを理由に1919年にスイスに拠点を移しました。
その間となる1915年に現在の社名である「ロレックス」に名前を変えてメーカー化しました。時計といえば懐中時計だった当時、腕時計の利便性に可能性を感じていたロレックスは早くから腕時計の実用性を高めるために研究をしていました。

小型で精密な時計を提供するため、また当時の腕時計のイメージであり問題点であった埃や湿度に弱く、壊れやすい面を払拭するために解決策を模索した結果、抜群の防水性であるオイスターケースの開発に成功しました。

1926年のことです。



その翌年から、世界に様々な時計の機能の発明を発表していきます。


パーペチュアルの開発、捻じ込み式竜頭、デイトジャスト機構など現在では当たり前となっている機能を提供するだけでなく、同時に自社の新しい時計の販売も次々と展開していきました。

その過程で長く愛される人気シリーズが出てくるようになり、いつしかロレックスは世界的なブランドとしての地位を不動のものにしました。

もちろん現在でも新しい時計の販売は続けており、その姿勢は愛好家やセレブだけでなく、多くの人々を魅了して愛されているのです。



Copyright (C) 2016 ロレックスの歴史について All Rights Reserved.